放課後等デイサービス(児童デイサービス)Luce

クラス・カリキュラム

クラス紹介

Luceが得意とするのは発達障害の女の子が社会に出る為の身だしなみ療育です。

対象 : 小学生
プリンセスクラスの基本は、楽しみながら学ぶこと。そのためにこのクラスでは、遊び的な要素を多く取り入れながら、各プログラムを実施しています。身だしなみや防犯知識などを含めた基本的な生活習慣を、自然に身に付けられるよう導きます。

対象 : 中学生、高校生
円滑な社会生活を送るためにも、「所作」や「態度」は重要です。クイーンクラスでは、歩き方や姿勢を整えるトレーニングを通じて、それらが意識的にできるように導きます。また、社会人として必要な「身だしなみ」や「防犯」のためのプログラムも体験していただきます。

プログラム

フラダンス(月曜日)

ハワイのアロハな音楽にあわせてゆったりと踊るフラダンス。音楽を聴いて体を動かすだけで精神的なリラックス効果だけでなく腰や腹筋だけでなく、ふくらはぎや太ももなど下半身の筋肉をかなり使います。そのため、フラダンスは見た目よりも運動量が多く手を目で追うことにより、目と手の協調を促します。

発 声(火曜日)

小学生のお子様には、絵本などを使い、「絵」を「声」に現すことで、イメージ力と表現力を身につけることを目指します。実在するモノばかりでなく、空想から生まれる声の表現など、「声を出す」事を楽しんでもらえるカリキュラムです。中高生のお子様には、来るべき就労に備え、基本的な「コミュニケーションスキル」を身につけることを目指します。発音が苦手な部分があるお子さんには滑舌を、大きな声を出すのが不得意なお子様には腹式呼吸の発声などを身につけてもらい、自分の意思をはっきり伝えることを学んでいただきます。

女の子プログラム・美姿勢/ウォーキング(水曜日)

まわりに不快感を与えないよう、ふだんから身だしなみを整えること。それは円滑な社会生活を送るためにも必要であり、性犯罪への防止にもつながります。このプログラムでは、姿勢や服装を整えたり、髪の毛の結び方など就労に必要な清潔感を保てるよう導きます。
美姿勢とは、呼吸やストレッチポールやバランスボールを使い、強制的に美しい姿勢へと導くプログラムです。ピラティスやヨガの要素も取り入れながら実施します。ウォーキングでは、発達障害の子どもにありがちな「ドタドタと引きずった歩き方」を改善します。

バレエ/姿勢(木曜日)

バレエの姿勢はとても多くの筋肉を使います。普段意識していない筋肉を使い意識していなかった姿勢は自分への意識を高めることによってトレーニングを通じて、女性として必要な「しぐさ」などの所作を身に付けます。自然な歩き方、立ち方、座り方、など日常で必要な動作を練習します。

HIPHOPヒップホップ(金曜日)

まず月2回からスタート。お子様の状態に合わせて回数を増やしていきます。ストレッチ、アイソトレーション、リズムトレーニング、筋トレ、ディスカッション、振付、ゲーム、ステップ練習といった指導を組み合わせて行います。こうしたプログラムを通じて、以下の3つのこれらのスキル向上を図ります。
1,成長に合わせたカッコイイ振り付け
2,身体の使い方を理解しながら行うスキルの向上
3,イメージする力を養う調べ学習

キッチンプログラム(イベント)

みだしなみ

髪の毛を整える。食事をきれいに食べる。社会生活への自立の一歩として
身だしなみ、清潔感は必須条件となります。特に女の子は清潔感は重要になってきます。自分の身体を清潔に保つこと、食事を通じて健康への意識を高めること。

最低限TPOをわきまえた服装なども知識の一つとして練習を重ね、鏡を見て服装を整える練習や人にあたえる印象なども就労にむけて学んでいきます。
*プログラムを行っていただくことが可能なお子さんが対象です。

性教育・女の子クラス

女の子にとって性の課題は命と同じぐらい大きな問題です。望まない妊娠や性被害を防ぐ意味でも性教育はとても大切です。

性教育は一朝一夕にはできません。幼いころからの積み重ねです。自分の身体を大切にすることからルール付や知識を深める事を丁寧に手作りのオリジナルの教材を使いながら1つ1つ丁寧にアプローチしていきます。

ご利用にあたっての注意事項

当施設を利用するに当たり、建物や付属設備の破損をしないようご注意してください。
万が一、破損された場合のことを考え、障害保険・損害保険へのご加入をお願いしております。

プログラムを行えるお子さんが対象となります。事前に親御さんを含む個別面談を行わせて頂きます。

個別支援計画について紹介

放課後等デイサービスでは、「個別支援計画」を作成する義務があります。これは、お子様一人ひとりに対し、6カ月に1回というものですがお子様の成長、課題に応じて常に見直しを行っています。個別支援計画の主なテーマは、基本的な生活習慣の習得と集団行動の適応訓練です。一人ひとりの状況や課題に合わせた目標を設定し、支援していくために必要な計画でもあります。この計画で大切なことは、きめ細かな「具体的」で「明確」な目標と支援方法の設定です。これを確実に実行するために、私たちは、お子様を観察分析し常意サポートができる体制をとっています。

ページの先頭へ