放課後等デイサービス(児童デイサービス)Luce

心得

トイレの支援

先日こんな事を聞き、胸が締め付けられる思いでした。

自閉症の女の子のお話しです。

ご両親がお仕事をされているようで放課後等デイをご利用されています。

年齢もそろそろ思春期に入ります。

生理が始まる前におりものシートなどで練習していました。

何とか自分で出来るようにはなったそうですが、彼らはその日、その時々によって体調の変化など様々なものに左右されます。

普段はちゃんと出来ていても粗相をしたり…。

彼女のデイの担当者は男性だったそうです。 お母さんは生理パットの話をして時には変えてもらわなければならないと担当者に話したそうです。

男性担当者はちょっと嫌な顔をされたそうです。

もちろんそこで喜んでって担当者は困りますけど。

何と辛い事かと…

私たち支援者はお子さん達にまずはプライベートゾーンと教えます。

それは、下着で隠す部分は他人に見せてはいけないし、触らせてはいけない。
特に異性には…
情報の書き換えが難しい彼らには一旦良いとなると後から修正が難しくなるからです。

ですが、生理用のパットをデイの男性に変えて貰うのを良しとした場合、とても危険が伴います。

どうか…

トイレの問題が発生する場合は異性の担当者はつけないぐらいの配慮は義務付けて貰いたいです。
犯罪を減らす為にも・・・

ページの先頭へ