放課後等デイサービス(児童デイサービス)Luce

心得

まずはここから

以前も書いたと思うのですが、発達障害児の親御さんに言ってはいけないセリフ・・

「大丈夫です」

もし、言うのなら、何がどう大丈夫なのか?根拠や説明が必要です。
根拠無い大丈夫は逆効果だとさえ思っている事を書きました。

未だ発達障害の原因や治療方法が解明されていないの何が「大丈夫」なのかよく解りません。

実は専門家やドクターだってそのお子さんが「大丈夫」かどうかなんて判らないんです。

アドバイスを貰うのは大事ですが、環境やそのお子さんの伸びしろだって何処にあるか判りませんし、データーでは見つからない事も沢山あります。

医者や専門家だって無責任な事言えないので言葉を濁すだけです。

私は基本的に「丁寧な子育て」が最大の療育だと考えているのですが、親御さんは普通以上に敏感に情報をキャッチしながら学び子育てをしなければなりません。

学校や病院、習い事等、何一つとして普通よりも慎重に選ぶ必要があります。
定型発達の親御さんには必要のない+αの仕事が常に付きまといます。

1つ1つ、いちいち交渉したり、見学、話し合い、付き添いです。

普通の人間だったら疲れて当然だと考えます。

家族や職場に理解が無い場合、この負担は「2乗」されます。
外でも、家の中説明や、交渉を強いられるのです。

更に、一般的に「褒める」「怒らない」等、、、子育てで色々言われていますが、
「子育て」は他人が評価できるものでもないと思っています。

そうなるともう気力、体力共に超人技が必要です。

まずは親御さん、体力つけましょう!
残念ですが、誰かが助けてくれるは諦めましょう。
そしてその問題と向き合う覚悟を決めましょう。

お子さんを助けるのも救うのも専門家ではありません!
お子さんの一番そばにいるあなたでしかないのです。

ページの先頭へ