放課後等デイサービス(児童デイサービス)Luce

心得

軸は揺れながら作られていく

自分の軸をしっかりさせる時・・発達障害のお子さんを育てていると「これで良かったかな・・」「もっと他に方法があったんじゃないだろうか・・」

現在は、確立された治療方法もないですし、療育と言っても個人個人一人一人違うアプローチが必要なので、親御さん達も不安になり、よくぶれてしまう事ありますよね。

先日読んだ本の中でこんな事が書かれていました。

「軸は揺れながら作られていく」

ああ・・なるほどな~って思います。

揺れながら、学びながらその中で軸って作られて行くのかもしれません。

確かに・・最初から「これはこう」と決めつけてかかったら本当の子供の姿なんて見えないのかもしれませんよね。

「こうかも??」「もしかしたらこうかもしれない??」って多面的に見る目があるからこそぶれる事もあるのかもしれません。

ぶれながらも・・その時自分で決めた道がその時の最善の選択。

ページの先頭へ