放課後等デイサービス(児童デイサービス)Luce

心得

責任取れない親が増えている

これは発達障害云々関係ないと思いますが

「凄いお母さんだな・・」って思う方がたま~~にいます。

どんな方かと言うと・・

子供の責任は私がとります!って言う人
今までほんと片手ぐらいしかお会いしたこと無いのですが。。

これってどう言う意味かと言うと・・

例えて言うなら・・ お子さんが不登校になったとしても、どんな形でも自分が守るって事です。

学校からも近所からも家族からも色々言われるでしょう・・。
しかし、それでも自分の子供にとって一番の選択をしてその選択の責任は自分が取るって事です。

「先生・・息子からこんな手紙を貰って覚悟が決まりました。。」と言うお母様がいらっしゃいました。

その手紙にはこう書かれていました。

「お父さん、お母さん12回目の結婚記念日おめでとう
これからも家族で協力して生きて行こうね・・」

他人は無責任な事しか言いません。。

不登校になると社会性が伸びない・・
確かにそうかもしれませんが、今の学校社会(全部じゃ有りませんが・・)に子供を任せて知らんぷりでは社会性よりも人格形成に問題を来す場合が有ります。

そこで他人の手を借りるのも一つですが、あくまでもサポートのつもりでいた方が良いと思います。

どんな状態になったとしても最後は親が責任を取るしかないんですね・・。

だったら!!

環境設定は悔いのない選択をしましょう。

あの時○○さんがこう言ったから・・
ドクターがこう言ったから・・・

では、取り返しがつかない事になります。

しっかり自分の眼で確かめ、こちらの選択の方が子供の為になる。
何かがあったとしても子供の責任は自分でとる。

それぐらいの覚悟で向き合える親御さんって素敵だと思います。

ページの先頭へ