放課後等デイサービス(児童デイサービス)Luce

心得

周囲への理解

ご覧いただきありがとうございます。

勉強だの、言葉だの。。 そっちの方は注目されてるんですけど、体使いの部分はまだまだ認知が低いなあ~。

実際子供の発達を見てもまず、首がすわり~寝返りができて~はいはい~とか。
まずは身体の発達が先なんですけど、実際は言葉、勉強になっていますよね。

でもそれはお母さんが悪い訳では無く。

殆どのお母さん、それを周囲から「求められて」やってる感が凄くあるんです。

「だって、、学校(幼稚園、保育園)が、、」とか「だって、近所(周囲)の人が(親が・・義理の場合が多いですが)」とか自分で必要だと思ってやっているは人少ない。

例えば学校側から「○○君、宿題やって来ないんです~」「○○君忘れ物多いでんです~」「○○君成績が悪い」言う事を聞かない、給食を食べない、、、などなど。

もうね、先生も学級運営が成り立たないのはあなたのせいよ!と言わんばかりの先生も未だにいらっしゃったり。

「すいません。。注意します」と言い続けているお母さんの首はもう頭を乗せていた事すら忘れそうにうなだれていたりします。

そうなると学校で求められる事が全てのようになってしまうんですよね。

子供の成長すっ飛ばしてでも周囲から求められている事をやらなければならない事としてしまっているから親子共々大変なんです叫び。

しかし、学校教育は基本現代社会を支えるサラリーマンを育てる教育なので、変えられない為、外で何とかするしか方法は無く放課後で接する部分が必要なのですね。

ページの先頭へ